テープ脱毛の正しい行い方

by author



テープ脱毛を行う時には、まず最初に肌を清潔にしなければなりません。

綺麗に見えても汗をかいた時に分泌された皮脂が付着していたり汚れがついてしまっているケースもあります。



ムダ毛が無くなった後はそれらが毛穴に入り込む恐れがありますので、事前にきちんと落としておくことが大切です。

準備ができたら実際に脱毛テープを貼っていくわけですが、いきなり全面を貼り付けると途中に空気が入ってしまいますので、まずは片方の端から貼ります。


少しずつ中央に向かって貼り付けていき最後にもう片方を貼り付けることで、空気を入れずにしっかりと密着させることが可能です。
きちんと密着させれば処理残しが発生しませんので、一度で綺麗にすることができます。

脱毛した後は、アフターケアも大事です。

アフターケアでは保湿が重要であり、肌を一日でも早く元の状態に戻すために水分が不足しないように努めなければなりません。
水分量が十分になるとバリア機能が回復しますので、日常生活で刺激をうけるような機会も減ります。



また、いつまでも毛穴が閉じない時には長い時間が経過すると毛穴に皮脂などが詰まって更に閉じにくくなりますので、収れん化粧水を使うことも忘れてはいけません。



毛穴は早いうちにケアを行った方が閉じやすいので、脱毛をしてからすぐにケアを始めるのが理想的です。

アフターケアを充実させると次の処理を行う時までに肌を十分に回復させることができますので、安全に脱毛できます。